SCRY Meets UC Berkeley: the future and chance of blockchain

作者:scry.info

——

On October 4th (WST),SCRY entered American top university --UC Berkeley, co-hosted “The door to blockchain” during the”San Francisco blockchain week”, and brought blockchain knowledge sharing as well as SCRY.INFO project introduction to it.

UC Berkeley is known as the top public research university around the world and has a good reputation in academic circles. It is also one of the top universities that has the most relaxing academic atmosphere. The Blockchain Society club in UC Berkeley is the largest blokchchain research community managed by students, leading an active blockchain atmosphere in the campus.

In this event SCRY overseas manager Rye as the speaker, introduced the revolution of blockchain from 1.0 to 3.0 to teachers and students in UC Berkeley, as well as the underlying technical structure of SCRY,the application of SCRY protocol layer, SCRY Depot database which can accelerate real data transactions, also pointed that as the decentralized blockchain asset wallet, SCRY Cashbox can support cross chain payments and invisible digital asset transaction address mode to ensure the information security of users; new innovative functions in SCRY City and people can create boundless SNS social application platform in it. The interesting introduction got the much positive response from audience and SCRY also stated that UC Berkeley has much attraction to research enterprises and much acceleration power in science development. SCRY will provide the bottom technology freely to students in proper timing, supporting the blockchain research and application for them. 

After this event SCRY held a career fair onsite, the position provided for excellent American undergraduates includesBlockchain developer and marketing manager attracted a lot of excellent students, they also thought highly of SCRY for being an innovative company. 


SCRY走进UC伯克利:区块链前沿发展与机会

美国时间10月4日,SCRY团队来到美国知名学府——伯克利大学,在“旧金山区块链周”期间举办“The door to blockchain”活动,带来关于区块链的知识分享及scry.info的项目介绍。

伯克利大学作为世界著名的公立研究性大学、在学术界享有盛誉,同时是美国最自由、最包容的大学之一,伯克利大学内的Blockchain Society也是全球最大的由学生组成的区块链研究社区,校园内关于区块链的研究氛围极为活跃。

本次活动中SCRY海外市场经理Rye作为主讲人,为各位伯克利大学的老师及学生介绍了区块链1.0-3.0的演化历程,讲解了Scry底层技术架构,Scry.info协议层的应用,ScryDepot数据库促进真实数据交易的价值,同时重点介绍了ScryCashbox作为一款区块链数字资产去中心化钱包,支持跨链支付及隐形数字资产转账地址,保护转账人信息安全;Scry City创新型趣味玩法,创建无地域限制SNS社交应用平台;活动上有趣的讲解获得了众多参与者的肯定及积极问答,Scry也表示伯克利大学对于研究性企业强大的吸引力及科研促进作用,届时,SCRY将免费提供底层技术,用于支持在校学生对区块链的研究与应用。

活动结束后SCRY在现场举行了针对在校大学生的招聘活动,同时面向优秀美国大学生提供区块链开源代码开发和市场运营岗位,吸引了众多优秀学生咨询,他们表示了对SCRY这样一个充满创造力公司的肯定。


SCRYはカリフォルニア大学バークレー校でブロックチェーン前線の発展及びチャンスについて講演

アメリカ時間の10月4日、SCRYチームはアメリカのカリフォルニア大学バークレー校(University ofCalifornia, Berkeley)を訪問しました。大学がサンフランシスコブロックチェーンウィークに開催された「Thedoor to blockchain」というイベントで、大学生達にブロックチェーンの基礎知識及びscry.infoのプロジェクトを紹介しました。

カリフォルニア大学バークレー校は世界でも有名な公立研究大学として、学術界から高く評価されています。アメリカでは自由度と包容度ともに高い大学の一つです。校内の「Blockchain Society」というコミュニティは世界最大規模の大学生からなったブロックチェーンを研究するコミュニティです。キャンパスでブロックチェーンに関するイベントは活発性が最も高い。

今回のイベントで、SCRY海外市場リーダのRyeはまず教授と大学生達にブロックチェーン1.0から3.0までの発展沿革を説明しました。その後、Scry基盤技術の仕組、Scry.infoプロトコルの運用、ScryDepotデータベース真実データの取引価値を詳しく紹介しました。ブロックチェーンデジタル資産の非中央集権型ウォレットScryCashboxが別のチェーンを跨いで支払う機能及びデジタル資産送金アドレスを隠し、送金者の情報安全を保護する機能など普通のウォレットより優れた技術を強調しました。ScryCityの斬新な遊び方及び無地域制限のSNSソーシャルプラットフォームも紹介しました。イベントの出席者達は面白い説明内容に引き付けされて、プロジェクトに高い評価をしました。研究企業にとってカリフォルニア大学バークレー校が科学研究を促進する魅力的な大学なので、今後、Scryは大学に基盤技術を無償で提供し、大学生達がブロックチェーンに対する研究及び運用にサポートします。

イベントの最後、SCRYはその場で在校中の大学生達に向けて募集活動を行いました。優秀な大学生達にブロックチェーンオープンソースコード開発や市場運営などのポジションを提供し、たくさんの問合せがもらいました。彼らはSCRYのような創造力がたっぷりした企業に深い興味を持っています。


SCRY가 UC버클리에서: 블록체인의 선도적인 발전과 기회

미국 현지 시간 10월4일 SCRY팀은 미국에서 유명한 버클리대학교를 방문하여 <샌프란시스코 블록체인 주간> 기간에 <The door to blockchain>의 행사를 진행하여 블록체인의 지식 공유와 scry.info의 항목을 소개하였다.

버클리 대학은 세계에서 유명한 공립 연구 대학으로서 큰 영예를 얻음과 동시에 미국에서 가장 자유스럽고 포용된 대학교중의 하나다. 버클리 대학에서 학생들이 조직한Blockchain Society도 역시 전세계에서 가장 큰 블록체인 개발 커뮤니티기로서 블록체인에관하여 분위기가 아주 활기 넘친다.

이번 활동은 SCRY 해외 마켓팅 매니저 Rye가 메인 강연자로서 버클리 대학의 교수와학생들에게 블록체인의 1.0 - 3.0 버전까지 성장해온 히스토리를 소개하였으며 Scry 언더라인의 기술 구조와 Scry.info 프로토콜 레이어 응용 그리고 Scry Depot 데이터 베이스가 진실 데이터의 거래 가치를 촉진하는 관련 내용을 강연하였다. 동시에 중점적으로 Scry Cashbox의 블록체인 데이터 탈중화 지갑이 크로스 지불과 스텔스 데이터 자산이 주소로 이전하여 유저 정보의 보안을 서포트 하는 기능 그리고 Scry City가 창의적이고 재미있는 사용법과 무 지역 제한 SNS 커뮤니티 응용 플랫폼을 만들수 있는데 대하여 소개하였다. 이번 활동중 재미있는 강연은 많은 참가자들의 긍정적이고 적극적인 문답을 얻었으며 Scry도 버클리 대학 연구성 기업에 대하여 강대한 매력과 개발 촉진 작용을 표시하였다. 또한 SCRY는학생들이 블록체인의 개발 및 응용하는데 서포트를 하기 위하여 블록체인 언더라인 기술을무료로 제공하기로 했다.

활동이 끝난후 SCRY는 현장에서 재학 대학생들을 대상하여 모집하는 활동을 진행함과동시에 우수한 미국 대학생들에게 블록체인 오픈 소스 개발과 마켓팅 운영 자리를 제공하였으며 또한 많은 우수한 학생들의 관심을 얻게 되였다. 그들은 SCRY처럼 창의력이 넘친 회사에 대하여 긍정적임을 표시하였다.